LuNa RhyThm official web site

月々徒然

先週日曜日に

今年初…いや、もう、1年ぶり2年ぶりくらいの、カラオケに行きました。テープレコーダーを持って。音を記録しながら、歌って来ました。

カラオケで歌を歌うと、「ジャイアンリサイタル」ではなかったです。むしろ、声が高すぎる。細くて高くて、ペラッペラの、うっすい声をしてました。

音域が狭まっているのは確かで、一定の声を出すと、その高低を操れない。ビブラートは出来てました。その代わり喉を傷めました。

ファルセットは、ビニール越しに高音を出しているような「高音?」みたいな声になるし、段階的に音が上がる所は、全然音階がなだらかにならないし、すごく悪戦苦闘してましたね。

自分でも、「喉が開いてない」のと、「この音域だと、さらに高音を出すならキンキン声になる」とか分かってるんですけど、鈍りきった喉はどうにもこうにもならない。

帰ってきてから、録音したボイスを聞いて、「頑張れ俺」って思いました。歌えてないわけじゃないから、「もうちょっとこの辺をどうにか出来れば」って言うヒントは得たかな。

さっき音域って書いてますけど、「透き通る高さ」でもなく、「深みのある低さ」でも無い声。どうしようもない声。そんな音域。

喉が開いてくると、ちょっと「良い感じ」の声にはなるんですけど、普段から喉を開く練習をしていなかったので、「良い感じ」になってくると、喉が荒れてるって言う。

喉を潰さないように、帰ってきてからは何もしゃべらず、牛乳を1L飲みました。牛乳は喉を癒すけど、お腹がいっぱいになるので、次はのど飴でも用意しておこうかな。

無理矢理歌った後遺症は今日も響いていて、普通にしゃべろうとしても声がひっくり返るんですよ。完璧に喉がおかしくなっている。

スタジオを借りるよりカラオケ屋は随分安いので、しばらくカラオケ屋で「歌を思い出すまで」毎週練習しようと思ってたんですけど、来週はやめておきます。

喉が回復する期間を取ってからのほうが良いと言う事で。

それに、来週末までに動画を作っておかないと、次の週末に泣くことになるので、来週までに素材を集めて、動画作りをしなければ。

譲れないこだわりがあって〆切が伸びるとかなら良いほうだと思うんですけど、現時点で、あの曲の何をきっかけにしてどう行動してどのようなイメージを搔き集めれば良いのか、が思いついていません。

数こなして行くと、「何も思い浮かばない時」って、来るんですね。曲とか歌詞だったら、どうにでも「思いつかせるきっかけ」を与えられるんですけど、動画は…難しいなぁ。

専門外の事って、なんでも難しいと思うんですけど、僕一応、元絵描きなんですよね…。なのに、イメージ画のひとつすら思いつかない。

キャラクター画を1枚描いて、イメージ画を数枚描いて、パラパラアニメの部分を少し入れる…くらいの「動き」があれば良いかなぁと、ざっくり今考えました。

よし。頑張ってみよう。今日中に、ラクガキもしないと成らないんだ。

消耗しない順番で作業をしよう。